トヨタ系ハイブリッド車のブレーキフルード交換

priusクルマ

ブレーキフルード(オイル)の交換を普通にできない?

ハイブリッド車はなぜ普通にブレーキオイルの交換が出来ないの?

MOUMOU
MOUMOU

ハイブリッド車の場合、回生ブレーキが付いているため
コンピューターでブレーキも管理しているので、普通に
ブレーキのブリーザーを緩めてしまうと漏れていると
CPUが判断してブレーキ異常を検知してしまうからです。

へ〜 そうなんだ!
じゃあ ハイブリッド車はブレーキオイルは交換できないの?

MOUMOU
MOUMOU

ハイブリッドの整備モードの時も説明したように
ブレーキ用の整備モードもあるんだ!

っという事でこれから今回も30プリウスの場合で説明していくよ

スポンサーリンク

まずは大事なブレーキに関してなので、注意事項から

ブレーキ制御禁止モードに移行するにはまず、パーキングブレーキをしっかり踏み込んでいないと出来ません。

ブレーキ制御禁止モードに入ったらフルード(オイル)交換せずに走行すると
ABS警告灯が点き異常コードが出る場合があります。
その場合はディーラーや整備工場でエラーを消去してもらわないと、
リアのブレーキが効かない状態になる場合があります。
自己責任でお願いします。

ブレーキ制御禁止モードへの移行のやり方(30プリウス)

整備モードのときと一緒で60秒以内で行ってください。
このモードの時はブレーキローターを回転させないでください。

プッシュスタートボタンを2回押す

スタートボタン

ブレーキペダルを踏んで シフトをNに入れる

ニュートラ

一旦ブレーキペダルから足を離してブレーキペダルを 踏むー離す を5秒以内に8回以上

ブレーキ

シフトをPに入れてブレーキペダルを 踏むー離す を5秒以内に8回以上

パーキング

もう一度、シフトをNにしてブレーキペダルを 踏むー離す を5秒以内8回以上

ニュートラ

シフトポジションをPにして

パーキング

ブレーキのワーニングが点滅していればOK点滅してない場合はもう一度やり直してください

警告灯

作業中にシフトポジションは動かさない!
エンジンスタートスイッチも押さない!
パーキングブレーキも解除しない!
ブレーキローターも回さない!

以上でブレーキ整備禁止モードの移行でした

次回はいよいよブレーキフルード(オイル)交換に

コメント

タイトルとURLをコピーしました