スポンサーリンク

iPhone13 発表 iPhone12 との違いは?

スポンサーリンク
appleapple
スポンサーリンク

アップル発表会開催

9月15日夜中の2時から恒例のアップルの新製品発表会が行われました。

iPhone13 シリーズ

予定通りのiPhone 13 シリーズが発表されました。

今回の発表はiPhone13 PRO MAX , iPhone13 PRO , iPhone 13 , iPhone 13 mini

もちろん性能はSoc A15 Bionicと最新SocでバッテリーもiPhone13 miniでも13時間のビデオ再生が出来きiPhone13 PRO Maxにおいては28時間のビデオ再生が可能になっています。

画面の明るさも12に比べて更に日中の太陽の下でも明るく見えやすくなりました。

カメラ配置も今回からiPhone 13 mini , iPhone13は対角線上にレンズを配置し直したりしたデザインは私は好きですね、一番の目玉は動画撮影時のシネマティックモードではないでしょうか?

まるで映画のワンシーンのようなピントの送りが自然に自動でやってくれます、更にあとからピント位置を変更することが出来てしまうので、動画やカメラ機能をガッツリ使う方はかなりのバージョンアップになることでしょう。

iPad mini

更にはiPad mini 8.3インチ重量293gが登場
今回から電源ボタンにTouch IDを搭載し、5G通信やLightning端子からUSB-C端子に新たに変更され。価格は5万9800円からとなっています。画面も全画面になったことで今までのサイズとほぼ一緒で画面サイズが大きくなっています。

iPad mini はApple Pencil2対応になったことにより、側面にApple Pencil2の充電ができるようにマグネットがつくようになりました。
SoCは新チップでiPhone13と一緒の「A15 Bionic」を搭載しコンパクトで最強なのではないでしょうか?

iPad

無印iPad 10.2インチ 重量487gも新型が発表になりました。
こちらは普及向けということもありSocもA13 Bionicチップと少し前のチップセットになっています。
無印iPadの対応ペンシルは1代目のものになるので注意は必要ですね。

全体的にSocの強化により、今までのiPadに比べて20%程度のスピードアップが図られていて、カメラの性質も変化があり、iPad Air などと同等の広角カメラによりセンターフレーム機能が使用できるようになりました。

Apple Watch7

Apple Watch7も Apple Watch6より画面サイズが更に大きく見やすくなっています。

Apple Watch6シリーズより20%画面強度が上がっていたり、8分の充電で8時間の睡眠記録が可能になり、睡眠中の心電図のみならず今回からは呼吸数までカウントできるようになりました。

最も大きな違いは先程の書いた、画面が大きいこと!更に画面が常時点灯が可能になったことはかなり時計としての本当の意味で大きな発展だと思います。

まとめ

今回も沢山のアップル製品が発表になり、コロナ禍に明るいニュースが出てきて皆さんの憂鬱な気持ちに光が指したようで大変うれしい発表会でした。

日本は特にアップル製品利用者が多いことでも有名ですが、みなさんもどの商品を買おうか予約しようかと悩んでる最中かと思います。

今回のiPhone13に関しては機能性や重さや厚みが少し増えたりしたので、その辺りで12から買い替えを検討している方も多いと思います。個人的な意見としては、iPhone12が安くなれば12でも全然行けるかなぁと思っています。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました