東京モーターショー2019 開幕(ホンダ編)

新型フィットクルマ
スポンサーリンク

いよいよ、本日からモーターショーのプレスデーが開幕しました明日からは一般公開

F1で頑張ってるホンダから噂の新型車の発表がありました

ホンダ 新型フィット

ホンダは以前からティザー画像を出してたコンパクトサイズの人気車種のフィット(FIT)を発表しました。先日はトヨタからもヴィッツの後継のヤリスが発表になったばかりでしたが、対抗馬のフィットが発表になりました。

honda fit

なんと今回は5パターン展開

今回のフィットの特徴は

4代目となる今回のフィットは5種類のデザインというかコンセプト違いを打ち出して来ました。
同じ車種で5パターンも出してくるのは中々少ないことだと思います。しかも、ハイブリッドモデルも従来どおり(モーターが2モーターに増量)健在ですし、パワーアップしてるし!

ホンダのフィットに対するコンパクトカーの販売に力を入れてるのがすごく伝わってきます。

まずはノーマルな【basicベーシック】デザイン性と快適性を求めた名前の通りの基本パッケージ

HOME ホーム】ナチュラルな風合いの織物生地シート、本皮ステアリング、質感を高くリラックス出来るこだわりの空間を目指したノーマルよりワンランクアップなパッケージ

NES ネス】気分が盛り上がるようなカラーコーディネートとシートやインパネソフトパッドの表面に撥水性の高い素材を使用したフィットネススポーツのような、ファッショナブルなパケージ

CROSSTAR クロスター】名前の通り、アウトドア向けなエクステリアデザインを採用して他のパターンと違う大径タイヤを採用し、ネオと同様にシートやインパネソフトパッドには撥水性の高い素材を使用でタフなイメージを求めたパッケージ

LUXE リュクス】優雅で心地良い時間が過ごせる空間をコンセプトに質感や手触りの良さを追求し
専用の本革シート(標準装備)しエクステリアもプラチナ調クロームメッキや専用16インチアルミなど今回のフィトの中で上級思考のパターン

全タイプで【ホンダセンシング】=ホンダ安全運転支援システムを標準装備
広角タイプのフロントワイドビューカメラを新規採用し車両の前後に8つのソナーを装備し従来のシステムを上回る近距離衝突軽減ブレーキを追加や【ホンダコネクト】=車載通信モジュール
日本初搭載しスマートフォンによるリモート操作をはじめ事故や緊急時にクルマが緊急サポートセンターに繋がったり、異常を検知した時にALSOKのガードマンが駆けつけるサービスなど
運転だけじゃない【クルマ】の新しい世界を求めた車両システムになっています。

販売開始は2020年2月を予定しているとのことです。

ホンダ アコードも進化

新型ACOORD

ホンダが世界に誇るグローバルセダン

国内版では10代目にあたる、今回発表のアコードは2.0L DOHC iVTEC+2モーターハイブリッドシステムを搭載。

エクステリアはロー&ワイドで優雅でスピード感あるデザインを採用し、インテリアも本皮を使用したり木目デザインを使用したりと高級感を醸し出しています。

新型 アコード

もちろん、フィット同様【ホンダセンシング】は当たり前に搭載してます

販売開始は2020年初頭という感じです。

この他にもホンダは既にワールドプレミアムを行っている完全電気自動車の【HONDA e】(ホンダe)も展示かなり力の入った出典になってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました