iPad Pro 12.8専用 エレコムペーパーライクフィルムを試してみた

ELECOMFILMiPad
スポンサーリンク

ELECOM 紙のような描き心地(ケント紙タイプ)

ELECOM  FILM

iPad Pro12.9インチを使用していて、ほぼブログはiPad でのみ投稿して管理していますが

今回、Apple Pencil 2(第2世代)を購入をキッカケに普段はフィルムを貼らない派なのですが鉛筆を使って紙に書いているような描き心地が気になってついつい購入してしまいました。

以前もiPad Proを使用していて、アップルペンシルを使用していたのですが

今回のフィルムはペン先の磨耗が2018年に発売したものより50%磨耗しないと言うことで

そこも購入のあとおししました。

ELECOM FILM

ケント紙タイプと上質紙タイプの2種類が販売されているのですが

私はどちらかというと、文字よりProcreateやAffinity シリーズなどの使用が多いので

今回は評判がいいエレコム製にしてみました。

ELECOM FILM

貼り付けやすさと描きやすさは?

付属品はフィルム本体画面を拭く布埃とりテープと気泡抜きの紙のスクレーパー?

フィルムの場合はガラスフィルムと違って、結構画面の面積がとても大きいタブレットは気泡が入ったり、曲がったりと貼り付けしづらい印象ですが結構不器用な私でも気泡もなく貼れました。

気泡抜き用の紙製のスクレーパーは正直いらないかな?と思いました。

保護シートの上から気泡を抜くんですが、傷がつきそうなので私は指で貼り付けていきました。(ゆっくり貼りながら気泡を指で抜いていけば十分でした)

貼り付けの写真はさすがに埃の混入を避けるために撮影していませんが。

貼り付け後の写真をご覧ください。

ELECOM Film

写真で判るようにカメラ部分が切り抜かれているので、FACE ID も全然変わらずに使用できます。

問題のアップルペンシルでの描き心地は、さすがに評判が良いだけに結構良い感じかと思います。手で触った感じもさらさらというかザラザラとした感じで確かに紙に近い感じで指紋も付きにくくアンチグレアで反射もしないのでかなり私の使い方としては良い感じでした。

ELECOM ペーパーライクフィルム・ケント紙タイプのまとめ

今回使用してみたエレコム製のペーパーライクフィルム(ケント紙タイプ)低反射はとても

貼りやすく・描きやすくとても買って良かったアイテムでした。

アップルペンシルを使用する方は是非使っていただきたいと思います。

ツルツルして描きにくかった線がとても描きやすくなって絵を描いたり写真を修正したりするのにとてもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました