Amazon fire7 がスペックアップで新登場

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
amazon
スポンサーリンク

アマゾン ミニタブレットは案外使い勝手がいい

アマゾンで以前から販売している、fire7 , fire8 , fire10 , fire10+ とさらにキッズモデルと各サイズと子ども向けモデルとして販売している 人気のタブレットシリーズです。

発売当初からコンパクトで持ち運びにも便利なタブレットで電子書籍などの回覧などもできるので非常に人気があるサイズですね。

今回Amazonは5月18日、新世代「Fire 7 タブレット」と「Fire 7 キッズモデル」の予約販売を開始した。価格はFire 7タブレットが 6,980円、Fire 7キッズモデルは 12,980円。出荷開始は6月29日を予定しています。以前のモデルからすると1,000円アップしていますが、もともとかなり格安モデルなのでスペックがアップしてる分や円安のぶんを差し引いても安いのではないでしょうか。

今回の改良はCPUの強化で処理速度の高速化や、バッテリ駆動時間延長充電端子のUSB Type-C化などの強化、以前のモデル同様アレクサハンズフリーにも対応しました。

性能面の強化の部分は2GBのメモリと2.0GHzのクワッドコアプロセッサ「MediaTek MT8168V/B」搭載で前世代機に比べて処理速度を最大30%高速化しているので、ストレスなく動作するのではないでしょうか?

その他 機能の強化部分は

今回の新モデルは1回の充電で前世代モデルに比べて持続時間が40%増で最大10時間の利用が可能となった(従来機種は7時間)。充電ケーブルもマイクロUSBからUSB Type-Cとなった為、元モデル全てでタイプCになりました。充電時間は付属の5W充電アダプタで約4時間で満充電できるようです。

持続時間が最大10時間はこのサイズでかなり大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

Amazon Echo Show などともテレビ電話的な使い方も可能ですし、家でも外でも使用したい1台ですね。

販売店舗

アマゾンオンラインストアはもちろんですが、 エディオン、 ケーズデンキ、 コジマ、 上新電機、 ソフマップ、 ビックカメラ、 ヤマダデンキなどの量販店でも、6月下旬より順次発売する事ですが、今までだとドン・キホーテなどでも販売しているので、おそらくドン・キホーテでも販売するでしょう。

一番美味しい購入の仕方では、私個人としてはやっぱりAmazon のセール時に購入すると4,000円台くらいになるのではないかと思いますので、その時には購入してみようかと思っています。

早期予約キャンペーン

新世代Fire 7 タブレットとFire 7 キッズモデルの発売を記念したキャンペーンも実施しているので、キャンペーン期間中対象商品を購入すると、Kindle本の購入に使える1,000円クーポンがアカウントに登録される。期間は6月28日23時59分までキャンペーンを開催してるで発売日に購入したい方は必須ですね。

まとめ

z6月29日(水)発売の新型fire 7 私個人としてはすごく買いのモデルだと思っています。

私の場合は、Prime video や Amazon Music , Amazon Echo show5 なども使用しているので非常にエンタメマシンとしていいマシンになりそうです。

少し残念な点は1Tまでの Micro sd カードが使えるとしても、16GB モデルのみになってしまった事です、以前のモデルは32GBモデルもあったので通常だと32GBにグレードアップして16GBモデルが消えていくのがほとんどだと思うのですが、価格重視で小容量モデルを残したのでしょうか?それとも、時間をおいて32GBを出してくるのかが今後の展開が気になる所です。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました