CANON EOS-1DX MarkⅢ 開発発表

canon 1DX Mark3カメラ
スポンサーリンク

オリンピックイヤーと言えばテレビやカメラの映像機器の発売ですね

CANON フラッグシップは更に進化

私も以前、キャノンのEOS 1Dシリーズを何台か使用してきた事がありましたが、やっぱり他の機種との差がやはりAF(オートフォーカス)の食いつきの違い!これがまず第一でした。

昔、熱気球のレースなども何度か撮影したりしていましたが、熱気球のバーナーを炊いた時の陽炎などもシッカリもちろん現場の迫力がそのまま写真に写し込めますし、熱気球競技のハイライトの地上のターゲットと言って大きなバッテンに重りのついたタスキのような物(マーカー)を落とすのですが、シッカリとEOS 1Dシリーズだとマーカーをシッカリと捉えたまま連写で追いかけることもできました。そんな、EOS 1DX Mark2がオリンピックイヤーに進化をします。

私が以前に撮影した写真です

シッカリとマーカーを捉えています

高画質性能

  • 新型映像エンジン(DIGIC)新開発のCMOSセンサーを搭載
  • 高感度性能の向上
  • HEIFファイルに静止画10bit記録
  • 4K/60P canon Log YCbCr4:2:2 10bit出力
  • RAW動画内部記録

canon EOS 1DX MK3公式サイトより

AF/AE性能の向上

  • 光学ファインダー撮影用 新型AFセンサー搭載
  • EOS-1D X MarkⅡ比、28倍のAFセンサー画素数
  • 高解像度AF信号の解析により、検出精度が向上
  • ディープラーニング技術により、追尾性能を高めたAFアルゴリズム
  • 光学ファインダー撮影時のAF輝度レンジの向上
  • ライブビュー撮影時のAF領域が最大約90%(横)x約100%(縦)に拡大
  • ライブビュー自動選択時、最大525分割でAF可能

canon EOS 1DX MK3公式サイトより

高速性能の向上

  • 光学ファインダー撮影時、最高約16コマ/秒(AF/AF追従)の高速連写
  • ライブビュー撮影時、最高約20コマ/秒(AF/AE追従)の高速連写
  • RAW撮影時における連続撮影可能枚数がEOS-1D XMarkⅡ比最大5倍以上

canon EOS 1DX MK3公式サイトより

ネットワーク性能

  • Wi-Fi , Bluetoothによる接続対応
  • GPS機能を搭載
  • 有線LAN及び、ワイヤレスファイルトランスミッター
    WFT-E9使用時の無線通信をEOS-1D XMark2+WFT-E8比最大2倍以上高速化
  • ネットワーク接続インターフェースの改善

canon EOS 1DX MK3公式サイトより

信頼性・操作性

  • マグネシウム合金製ボディー
  • ボタン照明の採用
  • マルチコントローラー搭載
  • AF測距点選択用の新部材をAF-ONボタンに搭載
  • CFexpressカード対応デュアルスロット搭載
  • バッテリーはEOS-1D X Mark2同様LP-E19を採用も電源消費マネジメントの見直しにより撮影可能枚数が向上

canon EOS 1DX MK3公式サイトより

発売予定日

今現在まだ、開発発表と言うことだけで発売予定日は発表になっていませんが、
通常だとオリンピックイヤーには大抵大手カメラメーカーなどはフラッグシップを発売してきたことを考えると、来年2020年春辺りには発売するのではないかと思います。

スペックもまだ、詳細が出てきていませんが上記のように大まかな機能性能向上としか書かれていないので、これから発売までが楽しみですねやっぱりフラッグシップの性能って買えなくても気になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました