Dropbox Plus はクラウドストレージとして使い勝手がいい

dropbox plusインターネット
スポンサーリンク

Dropboxとは

Dropboxとはクラウドでパソコンやスマートフォンのデーターを共有や保存をすることが出来るアプリケーションです。

クラウドサービスなのでPCやスマホがもし壊れたりしても、データーがクラウドに保存してあれば復元出来るというか、データには一切影響が無いのが利点ですね。

無料版と有料版の違い

dropbox には無料で使用できる無料版があります。

まず、お試しで使いたい場合やそれほど、容量は必要ないがデーターを共有したい場合などは無料版で充分使えます。

無料版では容量が2Gで利用可能台数が3台になります。

有料版の場合はDropbox Plusという名前に変わり、金額が月払いの場合itunes store の場合は1600円で Dropbox のホームページから利用を開始する場合は1500円/月か年払いの14400円の2種類の価格設定になっており、支払い方法により月々の金額が変わってきます。

年払いで支払いをすれば実際1ヶ月あたりの金額は1200円と300円の差が生まれるのでカード払いなどで支払っても年払いがお得ですね。

有料版はこの金額のクラウドストレージの中では、比較的大容量の2TBの容量を使えます。

更に、Apple Mac Book air などでストレージ容量を128G とかの場合は外付けHDDや外付けSSDなどの外付けが何かしら必要なところを、「Dropbox スマートシンク」という機能が有料版は使えるのでパソコン本体のハードディスクを圧迫せずにクラウド上で同期や回覧が出来るスグレモノです。

あとは、「Dropbox Rewind」でファイルを誤って消してしまっても30日前のファイルまでならapple のタイムマシーンの用な感じで巻き戻せる事が出来る!これもかなり使える機能です。

利用可能台数も無料版は3台までの所を無制限の台数と言う大盤振る舞いです。

google photoやApple の iCoudのように写真の自動アップロード機能ももちろん付いてます。

dropbox

ソースネクストでの購入が超お得!

Dropbox Plus 購入するにはどこで購入するのが一番お得に購入できるかっと言うと

みなさん聞いたことがあると思うんですが、SOURCENEXT(ソースネクスト)と言う
最近は「ポケトーク」21世紀のほんやくコンニャク!?と言う「リアルタイム翻訳機」が人気な会社ですが、ソフトウエアの販売に力を入れている会社であります。

そんな、ソースネクストで度々セールをする「Dropbox Plus 3年版」が一番お買い得かと思います。2019年も何度かセールをしていたのですが、私もようやく12月のセールの時に購入できました。金額は31680円(税込み)価格でしたので、メーカーでの購入価格が43200円なので11520円お得に買えました。一ヶ月あたりの金額は880円になるので1000円を切っての格安運用が出来ます。

まとめ

他にもクラウドタイプのサービスはありますが、実際無料版を何年か使用してみて感じたことはマイクロソフトのOne Driveなどはオフィスソフトのエクセルやワードといったソフトが使いたい方には1Tの容量のストレージも付いているのでオフィスソフト重視の方には一番いいかと思ったりもします。

Google Drive なども無料部分で私も使っていますが全然悪くない標準的かと思って使っています。
何しろ、Google Photoに関しては毎日勝手にスマホの写真をアップロードしてバックアップ知らずな感じで有効に使わせてもらっています。

Apple iCloud は少し独特な部分があり単純にファイルをアップロードするには私的には使いづらく感じていました、Mac やiPhone ・iPadなどとの同期は流石にAppleといった感じで素晴らしいできだと思いますので、全てApple製品で固めている方はiCloud も候補かと思います。

いづれにしても、現代社会はサブスクのクラウドサービスは欠かせない存在になってしまっていますので、各メーカー無料のお試しプランを用意してるので自分にあったアプリを使用するのが良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました