LENOVO ワイヤレスBluetoothイヤホン LP40 使用感や使用方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LENOVO LP40amazon
スポンサーリンク

レノボ製ワイヤレスBluetoothタイプイヤホン

今回は中国のアリエクスプレスから購入してみました。

金額は送料込みで1500円位で購入できました(購入時期やセールなどで金額が変動します)

パットした見た目は、ほぼ Air Pods のような感じでケースが充電器になっていてケースから取り出させば即ペアリングが出来て快適です。

更に片耳での使用でも音量の調整などはイヤホン本体では使用できなくなりますが

普通にワイヤレスヘッドセットのように車などでの使用も問題なく出来ます。

流石にノイズキャンセリングは会話をするときは聞いてる感じはしますが、音楽などを聞くためのノイキャンとは違う感じですね。

まぁ価格を考えれば充分買いかと思います。

デザイン面も大きさも予想以上に私としてはバッチリでした。

ケースはバッテリーを搭載しているのでイヤホンを中に収納するだけで充電できます。

しかも、大きさがかなり小振なのでポケットに入れていても全然違和感がありません。

ケース自体の充電はUSB-C端子から1時間30分で満充電できるのでとても早いです。

蓋の開閉は、マグネットが付いている感じに思いますので開け閉めも楽です。

イヤホンのデザインはかなりAppleのAir podsシリーズに似ていてよく見ないとわかりませんね

タッチ操作をする部分は、両方のイヤホンの伸びた部分の窪みの部分がタッチ操作で操作できるようになっているので、軽くタッチしてあげるだけで操作可能です。

操作方法は、

音量アップは右側2タッチ

音量ダウンは左側2タッチ

一時停止&再生は右側1タッチ

電話に出る、切る操作は左右どちらか1タッチ

SiriやGoogle Assistant 起動は右側長タッチ

以上になります。

車などの運転中などは片側だけ装着して使用する場合も多いと思いますが

そんな時でも、どちらのイヤホンでも片側使用が可能になっていて、通話はもちろん音楽などの再生のもちろんできるので、普段私は、Amazon ミュージックを利用しているので音楽を聴いたりポッドキャストを聴いたりしていますが、気になるバッテリーの減り具合は約2時間音楽を聴き続けてバッテリーの残量が80%でしたので、かなり持ちそうです。

まとめ

今回使用したLENOVO LP40 ワイレスBluetoothイヤホンは、私にとってはかなりコスパ最強だと思います。

最近GEO オリジナル商品のアクティブ・ノイズキャンセルイヤホンが3980円くらいで発売になってかなり話題になってたりしますが。

LENOVO LP40金額の面やデザインの面から言ってもかなり良いのではないかと思います。

音質面では最近格安品に多い、ドンシャカ系とは違い低音は比較的少なめな感じなのですが、私の聴いているjぽp系などでは、特に不満はありませんでした。

装着感もかなり軽いので装着している事を忘れてしまうくらい違和感と耳の痛みもありませんでした。最高です。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました