スポンサーリンク

Lifepo4 バッテリー 対応 Smart BMSが動き出した

スポンサーリンク
smart BMSオフグリッド

先日、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーのスマートBMSが全然起動できずに

メーカーに問い合わせをしたりして解決策を探していましたが・・・

スポンサーリンク

Smart BMS の アクティベーション

メーカーからスマートBMSの取扱説明書のPDFを出していただいたのですが

その内容は

1・リチウムイオンバッテリーのプラス端子に赤い配線を繋ぐ

黒い配線(B-)の隣の赤い配線から順番に繋いでいく

2・カプラーをスマートBMSに繋ぐ前にテスターで黒い配線(B-)と赤い配線の

電圧を測る(例えばきちんと電圧が3.2v-6.4v-9.6v-12.8vのように)

3・2で電圧がきちんと出ていれば、スマートBMSの(B-)をバッテリーの

マイナス端子に接続し先ほどのカプラーを接続する

※この時点で実際は(P+の電圧は3vくらい低かった)

4・アクティベーション用スイッチを押す

(実際アクティベーション用スイッチは購入していないので次に)

5・スイッチがない場合は、(P+)から充電をする

※私の場合は充電器は使用していない為(ソーラーオンリー)

ここで行き詰まりました!

スマートBMS のアクティベーションの解決方法

はじめはとりあえず、Lifepo4 バッテリーをソーラーパネルからトレーサーで

調整できる範囲で電圧を調整した状態で繋いで、おおよそ満充電にしてみたら

どうかな?っという考えで充電してみましたが・・・

全然変化はありませんでした。

今度は、逆に思いきってバッテリーを使い切ってみました。

電気ストーブを強の800wとLED蛍光灯2灯使用でピッタリ2時間使用できました。

使い切っても、全然(B-)と(P-)の電圧はさいしょと同じ状態でした。

あとは、Lifepo4バッテリーの電圧が11.9v程度まで落ちているので

今まで使用していたディープサイクルバッテリー(電圧12.9v)をLifepo4のプラス

とマイナスはスマートBMSの(P-)に繋いで平均化できればどうにかなるんでは?

と思って電圧が同じになるまで様子をみてみました。

smart BMS

!!!!!!!!!!

やりました!

ようやく、B- とP- の電圧が揃いました。

揃ったところで、ディープサイクルバッテリーを切り離して正規のつなぎ方に

戻して完成でした。

もちろんBluetoothも接続できましたよ〜

まとめ

いやー かなり ハマリましたね

これで、ようやく安心して スマートBMSを使用して設定が行えます。

設定は別記事で書こうと思います。

実は、まだまだこれから勉強することがたくさんありました。

冬というのもあって気温が・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました