トヨタ ハイブリッド車ブレーキフルード交換 PART2

Rキャリパークルマ
moumou
moumou

前回はブレーキフルードを交換する為の前準備として
ブレーキ系の整備モードの入れ方を解説しました

今回はその続きでいよいよ、ブレーキオイルを交換できるんですね

moumou
moumou

トヨタ系のハイブリッドはアキュームレーターという装置が付いていて、この装置が油圧を貯めたり、各ブレーキシリンダーに圧力を送ったりと言う仕事を電気を使ってしてくれるんだけど、そこが問題なんだ

普通の車はついてないんですね?

moumou
moumou

そうなんだ。
通常はブレーキペダルを踏み込むと直接マスターシリンダーと言う装置を作動さてるんだけど、マスターシリンダーの中にピストンが入っていて各ブレーキキャリパーに圧力を送るようになってるんだ

その、アキュームレーターが付いているとやり方が違うんですね?

moumou
moumou

そうなんだ!
なにはともあれ、じゃあ、そろそろ始めますか

スポンサーリンク

30プリウス ブレーキフルード交換 Part2

まずは前回の記事の中の(ブレーキ制御禁止モード)にします。

ブレーキのリザーバータンクの量を確認して、少なければMAXまでいれる。

サイドブレーキも忘れずに

※ブリーダープラグにパイプを繋ぐ等の作業は省略いたします。

フロントは通常のブレーキフルード交換と一緒の感じです

リザーバーの液量には通常のフルード交換以上に注意して作業してください。
特にリアの作業時にはモーターで押し出しますので思ったより早く減る場合があります。

まずフロント右前のブリーダーを緩めるペダルをゆっくり踏む〜離すをフルードがキレイになるまで10回くらい繰り返す

ブレーキ

フルードが綺麗になったら、ペダルを踏み込んだ状態でブリーダープラグを締める

写真はプリウスではありません

左前に移動し、右前と同じように作業する

リアはちょっと注意が必要です、ペダルをポンピングはしないでください。

右後ろのブレーキのブリーダープラグを緩めます

写真はプリウスではありません

ブレーキペダルを踏みっぱなしにする

アキュームレーターのモーターが動く音がしてフルードが出てきます。

モーターの連続稼働時間は100秒以内を目安にしてください。

ブレーキ

何度かやって、フルードが綺麗になったら、ペダルを踏み込んだ状態でブリーダーを締める

左側も同様に作業して交換自体は終了です

リザーバーのMIN と MAXの間に調整用のラインがあるのでそこに合わせる

リザーバータンク

キーオンの状態にしてブレーキペダルを数回踏み込みます

もう一度リザーバータンクを確認して調整ラインに調整して終了です。

いかがだったでしょうか?
作業後、エラーが入ってしまうとディーラーもしくは整備工場さんでエラーを消してもらわないといけませんので、注意して作業してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました