スポンサーリンク

新型iPad Pro 登場! 今度のiPadはM1チップ搭載

スポンサーリンク
apple eventapple
スポンサーリンク

昨夜のAppleの発表

2021年4月21日深夜のAppleの新製品発表会をweb上で開催しましたが、今回の発表ではiPad Pro,iMac,iPhone12,AirTag,Apple TVと結構盛りだくさんの発表になりました。

iMac 2021

iMac は今までのiMacと違い7色のポップなからーとデザインもカクカクした感じの全く新しいiMac に進化しました。しかも前回のMac Book AirやMac Book Proや Mac Miniなどと一緒のM1チップを搭載になったおかげもあると思いますが、画面の厚みが11.5ミリとほぼiPad!の大型版みたいな感じがあります。

ただ、デザイン重視のため各ポート関係は今までのiMac 同等で画面の後ろ側についています。が電源コードに関しては磁石タイプになっています。(そんなに持ち出さないので固定でも良いのかと思いますが)

画面サイズは24インチ1サイズ設定で4.5KRetinaディスプレー反射防止コーティングが付いているので画面の解像度と反射防止コーティングで非常に見やすい画面になっているそうです。

オーディオ系の部分もかなり強化されました。マイクもスタジオ品質のマイクで更にハウリングも抑えられている上に6スピーカーも搭載しているので4スピーカー+2ウーファー構成で近年搭載機種がふえているドルビーアトモスが映画や動画の再生ではもう映画館のような空間オーディオを体験できるでしょう。

今回はマジックキーボードとマウスやマジックトラックパッドではボディーカラーと同等のカラーと更にTouch IDが右上に搭載されました。

今回の24インチiMac のバリエーションはM1チップの8コアCPU/7コアGPUと8コアCPU/8コアGPUとストレージサイズの違いで154800円からとなっていま。

iPad Pro

なんと今回はMac に搭載されているM1チップが搭載されました!

今までのiPad Proと主な変更点はCPU /GPU がM1 チップに変更
Liquid Retina XDRディスプレーMINI LEDディスプレー
セルラーモデルではモバイル通信が4Gから5G 対応
WiFi通信もWiFi6対応
新しいセンターフレームに対応した超広角フロントカメラ

といったところですが、センターフレームって何?と思いましたが。
FaceTimeなどの際に人物を認識して超広角レンズの範囲内位で人物をフレーム内で追いかけながら撮影できる新しい機能でした。ちなみにビデオ会議などでは他の人が画面に入り込みそうな時は画面をズームにして本人以外が映り込みづらくする機能もありますので、テレワークやビデオ会議などで頻繁に使用する方には素晴らしい機能です

もちろんLiDARスキャナーも今まで通り使用できますので綺麗な画面上にM1チップのパワーを生かしたARなどで今まで以上の力を発揮できるようになりました。

ポート周りも最速のポートを採用してきました。
今まで通り下面に1つのUSB-CタイプのポートですがThunderbolt対応(USB-4)になり6Kのディスプレーも接続できるようになれいました。データー転送も最大40Gbpsで最速です。

アクセサリー関係もSMARTキーボードも新作が出ましたカラーバリエーションが今までのブラックと新しい綺麗なホワイトが登場です。ペンシルに関しては第3世代が出るのではないかと噂がありましたが今回はそのままのペンシル2でした(ここはある意味買い替えせずに使えるので良かった点です)

iMac 同様ドルビーアトモスにも対応しているので空間オーディオの再生も可能になりましたのでより没入できるでしょう。

iPhone 12 新色発売

iPhoneは意表をつかれた感じがありました。
新色がモデルの途中で出ることは今までもありましたが、Product Red が追加になったくらいで完全に新色が出るのは珍しいことだと思います。

新色はiPhone12と iPhone12 mini どちらも 先程紹介したiMac などと一緒でパープルが追加になりました。

Air Tag

色々と噂があった持ち物につけたり、バックに忍ばせておいたりして使用する忘れ物やどこに置いたかわからなくなった場合にiPhone などからどこにあるか探せるガジェットになります。

今まではサードパーティー製で同じような探せるガジェットは色々ありましたが、流石純正ガジェットならではの正確『正確な場所を見つける』機能に対応しているのでナビ案内のようにAir Tag の場所まで案内してくれます。更にAir Tag の表面にイニシャルや絵文字などを刻印サービス出来るようになっているので自分だけのAir Tagが作成できます。

Apple TV 4K

Apple TVも新型になりましたCPU チップセットがA12 Bionicに進化しハイフレームレートHDR2になり迫力が大幅アップしました。さらにはiPhoneと連携してカラーバランスまでもApple TVがおこなってくれると言う新しい体験です。

一番目を引くのがリモコンです。
新しいリモコンはSiri RemoteとなりiPod 初代のようなタッチタイプのクリックパッドを採用して番組の検索や早送りや巻き戻しなど思い通りに操作できます。

リモコンサイドにはマイクボタンがありSiriを簡単に呼び出して検索を行うことができます。
今まで以上に高画質で操作性も向上したAppleTVもかなり魅力的です。

まとめ

今回のApple の新製品発表会はガジェット好きにはかなり良かったのではないでしょうか?

一番私が気になった製品はM1 チップ搭載された iPad Pro です。
ほぼMacといっていい程の進化かと思います。次期ソフトウェアアップデートで更に進化するのではないでしょうか。それだけこれからの進化に期待できるハードウェアになっていると思いますのでぜひ購入して試してみたい商品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました