ルペス nano ibrid long neck マイクロポリッシャー 使用レポート

rupes nano ibridクルマ
スポンサーリンク

さすがっ!小さくてもパワフルさはbigfoot

RUPES iBird NANO

磨き系のショップで愛用されているルペスのポリッシャーですが

通常使われている一般的に多いのがLHR21 LHR15などの大型でオービット径の

大きなタイプですが。

どうしても、フロントバンパーやドアミラー付近の狭い部分が手作業に

なる事がほとんどだと思いますが、そんな時に効率よく作業するために

前回、RUPES nano ibridを購入しました。

それから、何台か使用してみましたがこれがなかなか良いじゃありませんか!

nano ibrid の作業効率

rupes nano ibrid

狭いところ=LHR21や LHR15 あたりで作業が難しい箇所

今までだと、バッキングパッドと車体の距離を細心の注意を

払いながら、作業していた部分が・・・

nano ibrid を使用した事で

安心して、しっかりとバフを当てていけます、当てていけました。

これは、車両への傷対策も含めかなりの安心材料でした。

今まで125mmや150mmのパッドで狭いところを作業するときは

パッドが入ったとしてもしっかり傷消しまでは当てれなかった

部分も、50mmのパッドで12ミリのオービッドがあるので充分消せます。

その辺りは流石 ルペスといった部分です。(金額が高いだけあります)

RUPES nano iBrid 使用レポート の まとめ

RUPES nano iBrid は 狭いところに特化したポリッシャーなので

金額からするとなかなか手が出せませんが、それだけの価値はある

商品ではないかと思います。

金額的には標準セットのベーシックが約6万円くらいで

盛り沢山のデラックスキットが9万円越えくらいが相場です。

ピラーやメッキモールなどの作業もこのミニタイプのポリッシャーなら

楽々こなせるので購入後の後悔は一切ないくらい働いてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました