スポンサーリンク

200系ハイエースのフロントハブ&ブレーキローター交換

スポンサーリンク
クルマ
スポンサーリンク

ローター交換のついでにハブベアリングも交換

ハイスピードからブレーキを踏むとフロント周りから異音と振動が出るので、点検をしたところブレーキローターの歪みが出て居る事が解ったため、ローターとブレーキパッドのこうかんをする事にしました。

ハイエースの場合フロントローターを外すのにベアリングも折角なので交換する場合が多いです。

ベアリングを交換せずにローターだけ交換も出来なくはありませんが折角なので一緒に交換してしまします。

作業工程

まずは、ブレーキキャリパーの2本のボルトを緩めて外します。キャリパー自体は紐か何かで釣っておきます。ハブのセンターのロックピンを外しナットを緩めて、ねじ山ギリギリくらいにセットしてプラスチックハンマーなどで叩くとドライブシャフトが内側に入っていきます。

ドライブシャフトが緩んだら、ハブのボルト4本を外していきます。
やり方的には、ナックルごとそっくり外して作業するパターンもありますが。
今回はハブから外していきます。

内側からハブのボルトを外すとブレーキのバックプレートとハブ・ローターがセットで外れるのですが、結構重いので気をつけて外しましょう。

外す前に、段ボールなどを用意しておくとハブボルトなどを傷つけずに済みます。

ブレーキのバックプレートはすぐ外れるので向きをしっかり覚えておきましょう。(まぁハマるとこにしか入りませんが)

ハブのセンターにカラーとABSローターをマイナスドライバーなどで少しずつ浮かせていって外します。
今回の車両は錆なども出ていなかったのですんなり外れました。

フロントローターとハブはボルト6本で止まっているのでハブを回しながら外します。

そこからは、油圧プレスを使用してハブのセンターを押して外していきます。

あとは、逆の作業組み上げていったら作業終了です。
ABSローターとカラー&バックプレートを忘れないように!

まとめ

普通の乗用車に比べると、かなり時間のかかる作業になりますが一つずつ焦らなければそれほど難しい事はない作業だと思います。

今回は、フロントローターとセットでブレーキパッドもエンドレスのパッドに交換したのでバッチリの制動が期待できます。やっぱり、まずは止まれないとアクセルを踏めませんからね〜

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました