BMW E39 5シリーズ フューエルリッド が開かない

bmw-fuelクルマ
スポンサーリンク

BMW 燃料が入れられない

突然 トラブルは起きるものですが、燃料が入れられないのはある意味一大事です。

通常は車両のロックが解除されていれば、フューエルリッドの端を押せば簡単に開くのですが突然端を押しても開かなくなって困った場合の対処方法をこれから紹介します。

フューエルリッドが開かなくなった場合の対処方法

とにかく、燃料のフタが開かないという事は大抵の場合

給油をしようとしてる時なので、燃料も少なくなっていて焦りまくりだと思いますが

そこは、あせらずにトランクをとりあえず開けて給油口側(トランクを開けて右側)のバッテリーが入っている部分の内装をガバっと開いて見ます。

そうすると、写真のような緑色のプラスチックのヒモみたいなものがあるんですが

それを引くと、開く場合があるのですが!

bmw fuel

緑のヒモを引いても駄目な場合は

緑のヒモを引いても開きそうにない場合は、アクチュエーターが固着しちゃって動かない場合があります。そんな時は、下記の作業でとりあえずは給油できるようになるので焦らないでください。

緊急時の対処方法

その場合は、長方形の黒いボックスのアクチュエーターについている、ネジ2本を緩めるか外すと給油口の蓋を固定しているロッドが引っ込むので蓋が開きます。

bmw-fuel

これで、緊急時は部品を交換するまでは、どうにか対処出来ますね。

アクチュエーター 部品の交換方法

はじめに言ってしまうと実はちょっと簡単なようで案外面倒な場所です。

ハーネスが刺さっているのでカプラーで外します。

まず、アクチュエーターが止っているステーを一回外さないと取り付けるのにちょっと大変なので一旦ステーも外します。

そうすると、アクチュエーターにワイヤーの端がハメてあるのでそれを外すのですが、なかなか硬いので、私はニッパーで破壊して外しました。

そうすると、アクチュエーターが外に取り出せます。

取り付け方法

BMW E39

取り付けは通常、外した逆に組んでいけばOKなのですが

まさかの、肝心のロッドの部分がシッカリと外れてしまうので

それを、狭い所に腕を伸ばして入れていかなければ、いけないのですが

まずは、フューエルリッド側のロッドの出てくる所にある黒いプラスチックを少し回すと外れるので穴が少し大きくなるので簡単になります。

bmw-fuel

あとはフューエルリッド側から何か配線や針金などでアシストしやすいように入れてトランク側に出てきた配線や針金にガムテープなどでロッドをくっつけて引き抜けばOKですね。

ここからは、ばらした逆で大丈夫ですね。

まとめ

結構、給油口が開かなくなるというのは

本当に焦ってしまいますが、そんな時に少しでも約に立ってもらえればいいかと思いますので、是非参考になさってください。

まぁ取り付け方法は、ディーラーさんや整備工場さんにお願いすればどうにかなりますが、ガソリンスタンドでどうにかしなくちゃいけない時は参考に

コメント

タイトルとURLをコピーしました